解体工事ナビ

  • TOP
  • 解体工事ナビ-業者でよくあるトラブル

業者でよくあるトラブル

【工事業者でよくあるトラブル】

工事には、さまざまなトラブルが発生します。

起きてからではたいへんですので、ぜひ、始める前にじゅうぶん打ち合わせをして施行作業にはいれるようにしていきましょう。

【よくあるトラブルの紹介】

  1. ①施行後に追加料金を請求された。

施行業者のなかには、依頼主の了承を得ず、勝手に施行をする業者がいます。
実際の請求書を見て、「追加施行○○円」などが記入されないように、くれぐれも施行前の打ち合わせは詳細にわたってし、あとで追加料金が発生しないようにしましょう。

  1. ②近隣の人から電話がきて施行が止まった。

施行の際には、物がこわれる大きな音が出ます。施行前にご挨拶をしておけばいいのですが、音は広範囲に響きます。
「事故?」と飛び出してくる近隣は方がいるかもしれません。
近隣挨拶とさらに消音施工を徹底することによって、近隣の方にできるだけご迷惑をかけないように細心の注意を払って、ご迷惑を最小限に抑えましょう。

  1. ③隣接している建物に傷をつけたり、壊したりした。

まれではありますが、施行の時に、隣接している家屋の壁や屋根に傷をつけたり、ヒビを入れたりしたままにしまう業者もいますので注意しましょう。

  1. ④廃材や機材で歩行に怪我をさせた。

屋根瓦を道路に落としたり、機材の搬入・搬出の際に安全確認を怠りして怪我をさせたりする業者もいます。
安全確認を徹底して、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

  1. ⑤ゴミや埃が飛び散り近隣からクレームがきた。

木造家屋の施行では、木くずや埃が風に乗り、思わぬ所まで飛び散ることが理ます。洗濯物に付着したり、道路のゴミになったりすることがあります。
飛び散らないように、養生シートでしっかり囲ったり、ホースで水をかけて埃の飛散を抑えたりじゅうぶん注意しましょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ