解体工事ナビ

  • TOP
  • 解体工事ナビ-施行でよく使われる専門用語

施行でよく使われる専門用語

施行でよく使われる専門用語

荒整地

工事の済んだ平たんな地面。

切土(きりど)

土砂を削り取って斜めにならした部分。

建築リサイクル法

  1. 1.対象建設施行の発注者または自主工事者に分別施行等の事前届出義務
  2. 2.対象建設施行の受注者に、工事現場での分別(分別施行等】及び再資源化等の実施義務
  3. 3.発注者と受注者(元請業者・下請業者)との契約手続き等の整備
  4. 4.施行業者の登録制度の創設
  5. 5.上記の義務の履行を担保するための罰則指定
  6. 6.延べ床面積80平方メートル以上の施行の際は工事前(工事着手の7日前まで)の届出や、業者から発注者への事後報告が義務付けられています。

スケルトン

喧騒物の骨組みのこと。

建物の内装を施行する場合、スケルトンを言うとテナント返却の時に内装の全てをとりはらうことをいいます。

建物滅失登記

施行の終了後、1ヶ月以内に法務局で建物滅失登記を行うよう義務付けられています。
登記を行わないと、罰金が課せられます。また、たてものが税金の対象となります。

部分手壊し

隣接している場合、部分的に手壊しすること。

マニフェスト

整地の際、土をもってきて整地すること。

盛土(もりど)

マニフェスト(産牛廃棄物管理票)とは、施行によって発生した産業廃棄物が現場から処理場につくまでを票にまとめたものです。
マニフェストを作成・保存しない場合は処罰をうけることになります。

有害化学物質

施行では、アスベストや窓枠等にあるPCB関連や蛍光灯、家電に残存したいるフロンガスなどが発生します。
それぞれリサイクル法に準じて適切に処理をしなくてはなりません。

罹災証明

保険の請求や税金の免除の手続きに必要となります。(地震・火事などの災害時)

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ