解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体屋

解体屋

解体屋と聞くと力仕事というイメージのみが浮かんでくるが、いったいどんな仕事なのだろうか。まだ、男社会のしかも工場現場のようなつなぎのいかにも作業服を着て作業しているというイメージしかなかった。しかしそれは古い解体屋のイメージで、現在は変化しつつある。2005年施行された、自動車リサイクル法のために、今の解体屋さんはきれいな所が多い。仕事は大きく別けて、車両の解体、パソコンへ入力、部品販売、そして輸出だ。車両の解体にも大きく分けて2種類あり、ガス溶断機や工具を使って、解体する方法でこれは部品を再利用や輸出する場合のみの事である。もうひとつはニブラーと呼ばれる大型車両を使い、もぎって分別する方法がある。ニブラーは女性でも扱えるので、女性の解体屋も増えてきている。ガス溶断機を使う方法では体力がいるので女性には厳しいのが現実だ。中古部品を主力としている解体屋には女性フロントが多数いる。会社によってはトップセールスが女性というのも珍しくない。英語など語学に堪能な方は意外と喜ばれる。また、現在は自動車リサイクル法が存在する為、パソコンに詳しい女性は重宝される。このように、女性の社会進出もこの業界も進んでいくだろう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ