解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事施工技士

解体工事施工技士

 現在、様々な資格試験が行われているが、現在解体工事施工技士も注目を集める資格の一つである。建設工事はもともと、建設業法で500万円未満の軽い工事は許可なしで施工できる。しかし解体工事は例外で、500万円未満であっても「解体工事業者」登録というのをしないと施工できないのである。その解体工事業者登録を受けるためには技術管理者という一定資格所有の技術者を置く必要があり、この資格の一つが「解体工事施工技士」なのである。では、500万円以上かかる解体工事は、建設業許可の「建築」、「土木」、「とび・土工」のうちいずれかの許可が必要になります。この方は専任技術者が必要で、資格としては土木施工管理技士、建築施工管理技士がある。「解体工事施工技士」というのは、500万円未満の解体工事のみを行う解体工事業者登録をする場合に必要となってくるのだ。この解体工事施工技士は現場の主任技術者になれる資格ではなく、ゼネコンで働く場合等、全く必要の無い資格となってしまう場合もある。公共工事で発注される解体工事の建築物は建築一式であり、土木構造物は土木一式で発注されることが多い。そのため場合に応じた主任技術者になれる資格があればいいでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ