解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-内装解体

内装解体

引越しが多い春のシーズンになってきて、最近ではあちこちで工事の現場を見かける。その時活躍するのが内装や外装を扱う、数々の業者である。内装解体業はどのような仕事なのだろうか、またどのような仕組みで行われているのだろうか。内装の解体業といっても、内装を内装屋が解体し、復旧する両方を請け負うこともよくある。しかし内装屋ではなく、内装解体業となると復旧は出来ないので内装屋や大工に任せるほかない。主に建物事態ではなく、建物の中のテナントや店舗等がかわるときに、今ある天井や床、壁、室内の扉など次に入るのテナントや店舗の内装に必要ない物をすべて取り除き、処理する仕事だ。だいたいは次のテナント工事の為にほぼスケルトン状態と呼ばれる、壁も天井もない状態にすることが多い。改装する為に不要なものを撤去するだけの仕事だが、様々な法律や決まりが伴ってくる。解体工事で、まず内装解体工事を行い、その後、店舗解体工事そしてスケルトン工事を行い、最後に現状の回復を行う。次に産業廃棄物収集運搬と産業廃棄物の処分を行う。この、内装解体から廃棄処理まで行えるのは廃棄物中間処理業許可という資格が必要であるため、一連の作業を全てして貰える業者は少ない。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ