解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-建物解体

建物解体

建築や工作物の解体等の作業を行うときは、まず、あらかじめ石綿(アスベスト)が使用されているか、その有無を調査する必要があります。そもそもアスベストとは、天然に存在する鉱物繊維の事を指しており、白石綿、青石綿、茶石綿等の事である。耐久性に優れており、建築物、自動車、家庭用品等、使用できる幅はかなり広かった。建物を解体すると、有害物質が出てしまい、有害物質の取り扱いと事前調査は法理で義務づけられている。建物の解体で綿等の使用の有無を目視し、設計図書等によって調査した際に明らかとならなかったときでも、石綿の使用の有無を分析しなければなりません。先ほどふれた建物の解体に関する法律で規制されている有害物質は4種類あり、アスベスト、PCB、フロンそして家電から出る有害物質である。特にアスベストが使用されている建物の解体等の作業を行うときは、アスベストを扱う大気汚染防止法に基づき、アスベスト除去等に係る一連の作業を開始する14日前までに、都道府県等に届出を行わなくてはならない。アスベスト飛散防止のための作業基準も遵守しなければなりません。当然のことながら労働安全衛生法や廃棄物処理法等の遵守も必要である。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ