解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事資格

解体工事資格

街を歩いていると時々見かける建物の解体工事についてですが、工事現場の人が誰でも関われるのではないようです。建物を解体する場合には解体工事の資格が必要であります。「解体工事施行技士」というものがそれにあたり、1993年全国解体工事業団体連合会が創設し、受験資格は原則としてその実務経験が8年以上の人でありますが、学歴や指定学科卒業により実務経験が短縮されます。解体工事をする資格は解体工事施行技士を取得し、区域を管轄する地道府県知事に登録することにより取得できます。解体工事の資格を持っている業者だけがその作業をすることができるのであります。もしも自分が持っている建物があり、処分を考えている場合、個人で工事を依頼する際には、その業者が解体工事の資格を持っているかどうかを確認する必要があります。工賃が安いからと言って、名前も聞いたことのない個人の業者に頼んでみたりしないようにしなければなりません。そうしなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。もし、いくら知らなかったからといって、解体工事の資格を持っていない業者に工事を依頼すれば、依頼した人(施主)も法律により罰せられてしまうのであります。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ