解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事の騒音対策について

解体工事の騒音対策について

トラブル防止のために騒音対策が必要です

古くなった住宅や店舗を解体しようと考えた時に、解体工事を行ってくれる業者はどのように選べば良いでしょうか。その基準の1つに、解体工事の騒音対策があります。解体工事を行う時は重機を使用するため、どうしても振動や騒音が発生してしまいます。近隣の方たちとトラブルにならないように騒音対策のノウハウを持っている業者に依頼をしましょう。見積り段階でも騒音対策が含まれているか確認をし、不明な点がある場合は質問をして疑問を解消しておくことが重要です。

近隣住民に対する配慮

解体工事の日程が決まったら、まず周辺の住民に説明を行うことが必要です。着工前に工事内容や作業期間などを記載したチラシを配布したり、戸別に挨拶をしてまわったりすると騒音によるトラブルを抑えることができます。解体工事を行う現場の前などに、工事責任者の連絡先等を記載した掲示板を設置することが一般的です。工事中であっても近隣住民に迷惑がかかるほどの騒音が発生していないか監視し、工事現場責任者をおいて住民からのクレームに対応できるようにすることが大事です。

騒音が発生しないための施策

解体工事を行うとどうしても音が出ますので、現場の周囲を防音シートや防音パネルなどを使って少しでも騒音が外に漏れないように対策を行う必要があります。油圧ブレーカーやパワーショベルなどを使用すると特に大きな騒音や振動が発生します。朝の早い時間や夕方以降の時間帯は、これらの機械の使用を控えるなど配慮をすると良いでしょう。また大型の機械の同時使用を控えることも騒音を抑えることにつながります。コンプレッサーなど、解体作業中に稼働させておく必要のある機械は、周辺への影響が少ない場所に設置するなど工夫をする必要があります。解体工事を依頼するときは、騒音対策をしっかり行ってくれる業者か確認をするのが良いでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ