解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-空き家は解体すべき?それとも残すべき?

空き家は解体すべき?それとも残すべき?

空き家という建物

空き家はその名の通り、誰も住んでいない状態の建物を指します。外から見てもみすぼらしくて汚いというイメージがあるので、早めに解体工事をしたほうが良いと思う方は多いでしょう。でも、空き家は必ずしも解体ばかりされているわけではありません。中には様々な理由で空き家を残しているところもあります。今回は空き家を残した場合と、解体した場合のそれぞれの利点についてご紹介しますので、一度ご参考ください。

空き家を残した場合

空き家を含めて住宅には「都市計画税」、「固定資産税」という2つの税金が発生します。住宅用地の特例によってこの2つの税金を減らすことはできますが、一度空き家を解体するとその分税金は上がってしまいます。空き家を所有している限り税金が上がることはないので、これを理由に空き家を所有したままの方もいらっしゃるようです。
また、空き家でもまだ使える状態であれば、売却することが可能です。売却できればその分の資金が得られますし、買い主も様々な有効活用ができます。例えば、文化施設として提供したり、レトロな雰囲気を好む人のために民宿にしたりなど。他にも、一部を改装してお店にしたり、賃貸物件として利用することも可能なのです。

空き家の解体

ただし、あまりにも空き家の状態が悪い場合は要注意です。例えば建物本体に倒壊の恐れがあったり、お庭や室内で害虫被害が発生したりすると、住宅用地の特例から除外されて税金が上がってしまいます。それに、無断でゴミを放置される、外壁部分に落書きされるなど、治安悪化も懸念されます。それに、空き家を所有している限り定期的な管理も必要なので、所有者の負担が大きくなることは避けられません。それに、空き家はホコリと汚れが溜まりやすくなりますので、近隣にお家があると、近隣住民からクレームを受ける恐れもあります。
空き家を解体すれば管理の手間がなくせますし、空き家の放置で行政による特別措置法の処罰を受けなくて済みます。ご依頼にあたり解体工事の費用などの悩みが出てくると思いますが、解体工事に精通した業者にご相談すれば、様々なアドバイスを得ることはできると思います。いずれにしろ、空き家の放置は良くないので、じっくりと検討したうえで着工に移されたほうが良いでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ