解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体業者を選ぶ時のポイント

解体業者を選ぶ時のポイント

基本的な資格について

解体工事は無許可でできることではありません。しかし、解体業の許可もないのに解体工事の業者と名乗っている場合があります。解体費用に騙されず、まず確実にこういった業者は避けるようにしましょう。
解体工事に必要な資格は、まず建設業許可か解体工事登録をしているかどうかです。これらが基本的な解体業の許可となっています。
建設業許可の場合は土木工事業、建築工事業、とび・土木工事業のどれかを取得している必要です。こちらの許可であれば金額の上限なく、全国どこでも解体工事をすることができます。
対して登録の場合は解体費用が500万円未満の作業しかできない上に、登録をしている県でしか解体工事をすることはできません。無登録ではなく解体工事登録を取得している場合は、解体費用と作業をする県が合致しているかどうかを確認します。この登録を得るのに必要な土木施行管理技士や建築士などの国家資格があるかも尋ねましょう、 これらは、まず解体業の基本的な許可です。解体工事をする際には、こうした解体業の許可をちゃんと取得しているのかどうかを見ましょう。
解体工事の業者に、どういった解体業の許可や資格を持っているの確認すると良いです。これで渋る解体工事の業者がいたら、おそらく解体業の許可を持っていない可能性があります。

複数の業者から見積りを取りましょう

解体業の許可を持っているかどうかを確認したら、次に見積り金額について見ます。より分かりやすく説明してくれる解体工事の業者、見積りの内訳に必要な項目があるかどうか、いらない項目がないかどうかをチェックするのです。 こうした厳しい監視の目でどの業者を選ぶべきなのかを考えましょう。
そのためには1社の解体工事の業者だけではなく、複数の業者から見積りを取り寄せるようにすると分かりやすいです。事前の確認を大切にします。

どういった対応をしてくれるのか

まだ確認すべきことはあります。許可や誠実な対応かどうかを確認した後は、作業内容について確認をします。解体工事の後には産業廃棄物が出るのですが、これを不法投棄する解体工事の業者がいるのです。もし不法投棄が発覚すると発注者責任としてさまにも責任があることになってしまいますのでこの点はよく確認しましょう。
またアスベストの解体についても知っておくべきです。
解体工事の前にアスベストの調査をするのですが、この時にアスベストが見つかるとその届出を労働基準監督署に出さないといけません。こうしたアスベストを解体する手続きを知っているのかどうかも確認しましょう。放置したアスベストで解体を進めると喘息などの健康被害にもなりますので、事前調査や手続きを知らないと困るのです。
アスベストの解体をやるというのでしたら、その専門資格である石綿作業主任者があるかどうかも尋ねます。この資格がないとアスベストの解体はできません。
解体費用が安いというだけではなく、法律に関わる点が数多くありますので、解体業者を選ぶ際には解体費用以外にもこういった点をチェックすると良いです。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ