解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-住宅の一部だけを解体する減築をご存知ですか?

住宅の一部だけを解体する減築をご存知ですか?

改築・新築に変わる選択肢

若い頃に買った一軒家。お子様方が独立したり、歳を取ってきたなどの生活様式の変化や自分自身の老いと共に、今まで住んでいたはずのお家が妙に広くて、使い勝手が悪くなると感じる方が増えているようです。家が広いというのは一見良いことですが、掃除の手間は増え、一日に何度も階段を昇り降りしたりするのが辛いなど、意外な悪影響も出ることがあるようです。そこで近年、減築という住宅の一部だけを解体する工法が考えられています。

あえて家を狭くする

最近の住宅は2階建てのものが多いようですが、寝室が2階、リビングやお風呂場、トイレ、キッチンなどは1階に作られることが多いものです。すると、1日の中で、必ず階段を1往復することになります。これが更に家事を行なうことを考えると、1階のお掃除、2階のお掃除に分かれていますし、お洗濯物を2階のベランダに干しに行こうと思ったりすると、一日の中で意外と昇り降りが多いことに気が付きます。若い頃は全く問題なくても、足腰が不自由になりだすと、突然これが生活上の大きな負担になることがあるのです。そこで、減築を行い2階部分を取り壊し、延べ床面積を大幅に削減するとどうでしょう。平屋でしたら生活は全て1階部分だけで完結しますから、生活動線が縦に伸びていない分、足腰への負担は減りますし、また新築の平屋を新しく建てたり、エレベーターなどを取りつけるなどの改修を行なう費用よりも、減築の費用のほうがリフォームを兼ねて行なったとしても安上がりだったということも考えられるのです。

リフォームも兼ねて

住宅は絶えず劣化が進んでいきます。10年、20年、30年と住んでいくうちに、隠しきれない劣化が見えてきます。また、設備類も陳腐化していきますから新しいものに入れ替えたいと思う方もいるでしょう。減築はそういうときに、リフォームを兼ねて行なうのもおすすめです。新築の平屋を建てたり、大規模に改修するのも良いですが、今ある家をそのまま活かすという点で、減築は費用面においても、生活スタイルの面でもおすすめできる選択肢の一つです。これらの工事は住宅の耐震性や工事中の隣家への安全面などに問題点が出ないように慎重に行う必要がありますので、必ず解体業の技術をもつプロにおまかせになるのが、安心できます。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ