解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-アスベストがあったときの解体工事について

アスベストがあったときの解体工事について

アスベストの存在にご注意ください

皆様は、「アスベスト」という単語を聞いたことはあるでしょうか。アスベストとは「石綿」とも呼ばれるように繊維状に変形した鉱石で、耐久性や耐熱性に優れる素材です。さらに安価なため、建材にも広く利用されてきました。しかし近年大きな問題になったように、アスベストを吸入しますと健康被害をもたらします。代表的なものは肺がんの発症で、他にも中皮腫、肺炎の発症リスクもあります。そのため現在はその使用に厳しい法規制が敷かれていますが、既に使用されているものについては放置されており、解体工事の際には法律に従って処分する必要があります。
現在は有害物質として認知されているアスベストですので、解体工事の際にはその飛散を防がなければなりません。そしてアスベストを含んだ建材を解体・改修する際には、そのアスベストのレベルに応じた対処を行う必要があります。

アスベストのレベルとは

アスベストのレベルは、その発塵性によって1から3まで分けられます。発塵性とは飛散性と言い換える事ができ、レベル1が最もアスベストが飛散しやすいということになります。具体的には、以下のようにレベルに応じて使用箇所や作業の方法が異なります。

【レベル1】
アスベストを含んだ吹き付け材で、綿のような状態になっています。非常に濃度が高く、大量の粉塵が飛散します。解体工事の際には除去が、改修工事の際には封じ込めや囲い込みを行う必要があります。
また、作業前には労働基準監督署と、都道府県庁へ届出を行う事になります。さらに徹底した飛散防止対策や注意喚起、専用の保護具の装着が義務付けられています。

【レベル2】
シート状の断熱材や保温材にアスベストが使用されています。基本的な作業内容はレベル1とほぼ同じですが、レベル2は届出や装備が簡略化されます。

【レベル3】
成形板等の固い建材にアスベストが使用されています。割れにくく、最も飛散性は低いです。作業は手作業を中心とした除去作業となります。
事前調査や注意喚起は必要ですが、届出は必要なく、装備はさらに簡略化されます。

アスベストについては業者にお任せを

アスベストの簡単な調査は時間をかければ誰でも可能ですが、有害な物質で危険性が高く、除去も難しいでしょう。アスベストの除去については、解体工事業者にお任せください。アスベストの調査から除去作業まで対応してくれるでしょう。
古い建築物になりますと、アスベストのレベルが高い恐れがあります。その被害は周囲にまで広がる恐れがありますので、きちんと実績のある、信頼できる業者をお探しください。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ