解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事の工法についてわかりやすく解説します

解体工事の工法についてわかりやすく解説します

解体工事にも種類があります

皆様は、解体工事というものを見たことがあるでしょうか。多くの作業員が行き交い、ショベルカーにブルドーザー、コンクリート圧砕機などが働く姿を思い浮かべるかも知れません。確かに、それらも解体工事の工事現場でよく見かける光景です。しかし、それが全てではありません。
素人の方が解体工事を見ても、その違いというものは分かりにくいかもしれません。しかし解体工事業者は、環境と安全面に配慮した適切な施工を心がけているのです。家の解体をお考えの方は、その方法を少し覚えておくと良いでしょう。

解体工事は配慮が重要

解体工事が大がかりなものになることは容易に想像が付くでしょう。それだけに、家の解体には周囲への影響を最小限にするだけでなく、環境への配慮も考えなければいけません。それでは、具体的にどのような工法があるのでしょうか。

・ミンチ解体
ミンチ解体とは、重機などを用いて一気に解体を行う工法を指します。実は、現在はミンチ解体は禁止されています。それは建設リサイクル法によって定められており、ミンチ解体では廃棄物のリサイクルが困難になるうえに、アスベストが解体時に撒き散らされてしまう恐れがあるのです。中でも木くず・コンクリート・アスファルトについては現場で分別しなければいけません。

・分別解体
ミンチ解体と対を成すのが分別解体で、要件を満たす解体工事では事前に届出を行輪無ければいけません。現場では解体と分別を同時に行い、重機で解体をした後、必要ならコンクリート圧砕機で鉄骨とコンクリートを分け、手作業で分別します。ミンチ解体と比較して手間が掛かりますが、資源の有効活用のために義務化されています。
中には、重機を一切使用しない「手壊し解体」というものがあり、騒音や粉塵などを最小限にする工法もあります。ただし非常に手間がかかるため、基本的には重機を併用した分別解体が行われます。

依頼する際は事前にチェック

解体工事では重機を使用しますので、大抵は業者に依頼しなければいけません。その際は、解体工事の見積もり内容をチェックするようにしてください。
上記のように、解体工事では分別が必要になりますし、アスベストの解体においては、アスベストのレベルに応じて飛散を防ぐ施工をしなければいけません。もしも解体の見積り費用があまりにも安い場合、適切な施工が為されないリスクがあります。最悪の場合依頼主が責任を負うこともありますので、解体前の見積もりは慎重にご確認ください。解体工事の工法の詳細を知らなくても、その内容を訊ねることにより、対応の態度から業者の良し悪しを見極める事ができるのです。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ