解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事の際のよくあるトラブルについて

解体工事の際のよくあるトラブルについて

解体工事にご注意を

「空き家を解体して、新築物件に建て替えたい」「古くなった桧の家の住宅から、新しい輸入住宅に建て替えたい」など、解体工事の目的は人それぞれです。どのような目的であったとしても、解体工事トラブルの無いように進めていきたいものです。
しかし、解体工事は何かと大掛かりになってしまう工事です。解体対象が頑丈な鉄筋コンクリート造のものでも、歴史ある桧の家の住宅でも、それは同様です。工事内容によっては思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないのです。家屋の解体をされる際には、トラブルの発生に十分にご注意ください。

代表的なトラブルの一例

解体工事では、主に以下のようなトラブルが発生することが多いようです。

・周囲の破損
住宅地など、家々が密集した場所などでは周囲の建物に被害を及ぼしてしまう事があります。例えば外壁や屋根を壊してしまったり、木の根や枝を切断してしまい、隣人トラブルに発展することがあります。通常、このようなことが起きないように養生を綿密に行うのですが、念のために工事前には証拠として写真に収めておくと良いでしょう。そうすることで、責任を負わされるリスクが減少します。

・隣人からの苦情
家屋を解体する際には、ある程度の騒音や振動が発生することは避けられません。また、周囲にホコリや泥などを散らすこともあります。法律の範囲内だったとしても、隣人トラブルに発展するケースはありますので、事前に施工の説明や挨拶に赴くのがマナーです。

・アスベスト材の解体
その建築物が建てられた時期によっては、アスベストが使用されている事があります。アスベスト材の解体時には周囲に飛び散る危険があり、そのアスベストレベルに応じて施工の申請や飛散防止対策を講じなければいけません。そうしなければ、重大な健康被害をもたらす危険があるのです。

トラブルを防ぐために

他にも、解体費用のトラブルであったり、廃棄物の不法投棄など、解体工事には様々なトラブルが考えられます。時には依頼主自身が罪に問われるケースも有るため、トラブルは避けるようにしなければいけません。
そのために重要なことは、解体工事の当事者として行動することです。例えば隣人トラブルの発生は、ご自身で隣人のお家へ挨拶に赴いて理解を得る事ができれば、発生する確率は減少します。業者との軋轢に関しても、事前にその業者の情報を仕入れていれば、ある程度は防ぐこともできるでしょう。
解体工事は素人にはほぼ不可能な作業ですので、どうしても任せきりになりがちです。しかしそのようなことは避け、ご自身も解体工事を成功へ導くために、出来る限りのことをしておきましょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ