解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事の成功を左右する粉塵対策

解体工事の成功を左右する粉塵対策

避けられない粉塵の発生

皆様は、解体工事の現場をご覧になったことはあるでしょうか。重機を使い、巨大な建築物を崩していくその姿は勇ましく見えるかもしれません。しかし、一見乱暴に見える解体工事の現場ですが、実際には数々の技術やルールに従って進められているのです。
特に注意しなければならないのが、粉塵の発生です。粉塵の発生を100パーセント防ぎつつ解体工事を行っていくのほぼ不可能で、多かれ少なかれ発生してしまいます。そのため解体工事業者は、粉塵の抑制にも力を注いでいます。それでは解体工事業者は、どのような粉塵対策をしているのでしょうか。

粉塵を防ぐ方法

粉塵対策として一般的な方法をご紹介いたします。

・散水
散水とは、文字通りその場に水を撒く行為です。解体工事現場では、大量の粉塵やホコリ等が舞い上がりますが、水を撒くことによってそれを抑制する事ができます。散水については「建築物解体工事共通仕様書」にも定められており、それに従って散水を続けなければいけません。

・養生
解体工事における養生とは、作業箇所の周囲の保護を意味します。具体的には、工事現場の周囲を養生シートで覆ってしまいます。養生シートには、火花の飛散を防ぐ防火シート、周囲への騒音を軽減する防音シート、強風による作業現場の危険を防ぐメッシュシートなどがあります。あくまでシートですので、破れていますとその機能性は低下してしまいます。
養生シートは解体工事においては欠かせないもので、人によっては、養生シートの施工方法だけでその業者の実力を見極める事ができるとも言われています。

粉塵対策でトラブルを防ぐ

そもそも、どうしてこのように粉塵対策を行わなければいけないのでしょうか。それは、近隣への粉塵被害を防ぐためです。
もしも散水や養生を行っていなければ、周囲には大量の粉塵や騒音が広がることになります。そうなれば「解体工事の音がうるさい」「洗濯物も干せない」「家が破損してしまった」という近隣トラブルを引き起こす原因になってしまいます。これだけならまだしも、もしも解体工事する建築物にアスベストが使われていれば、周囲に深刻な粉塵被害をもたらすことになってしまいます。
解体工事では、解体そのものだけでなく、粉塵対策にも高い技術が要求されます。もしも解体工事をご依頼されるのでしたら、どのように粉塵対策を行う予定なのか訊ねてみるのも良いでしょう。業者によっては素人の方にもわかりやすく説明してくれる事がありますし、仮に分からなかったとしても、まったく無関心でいるよりもトラブルの発生を防ぐことにつながります。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ