解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-木造家屋の解体工事の流れ

木造家屋の解体工事の流れ

解体工事は綿密な準備から

解体工事は、何かと大掛かりになってしまう工事です。そのため解体工事は、綿密な準備の上で進めなければいけません。それでは、解体作業を始める前にはどのような準備を進めていくのでしょうか。ここでは、木造家屋の解体工事を進めていく一般的な方法をご紹介いたします。

まず、解体工事業者は依頼を受けた後、解体の対象となった現場の事前調査に向かいます。調査内容は、その建物の延べ床面積や建物の構造などで、乗り入れる重機や養生シートの種類についても考えていきます。
それが終わりましたら、現地調査の内容を元に見積書を作成します。依頼主がそれを確認し、納得した場合に正式に契約を結びます。
解体工事の日程等が決まりましたら、事前に近隣住民に対して挨拶に回る事になります。挨拶を済ませておくことでトラブルの発生を予防し、円滑に工事を進めるようにします。

解体工事開始

準備を終えましたら、いよいよ解体作業の開始です。
解体をする前に、まずは足場を組み、養生シートで現場を覆います。そうする事によって、建物の解体時に発生する粉塵や騒音などが周囲に広がることを防ぐのです。

しっかり養生を終えましたら、本格的に建物の解体に移ります。
まずは手作業で分別解体を進めていきます。そうして下準備を終えましたら、現場に重機を搬入して建物を解体していきます。ホコリが舞い上がらないように散水しながら、建物の屋根や梁と言った上部から順に、壁や基礎まで解体していきます。特に基礎の解体は、地中に残っていますとトラブルの元になってしまいますので残さず行わなければいけません。

無事に解体作業が終わりましたら後片付けをします。廃棄物を木材や鉄アスファルト、コンクリートなどに分別してそれぞれの処分場に搬出していきます。そして解体工事現場を整地し、清掃まで行って解体作業は完了となります。

信頼できる業者にお任せを

このように、解体工事を行うためには準備から施工、後片付けまで徹底して行わなければいけません。その作業は、決して素人の方ができることではないのです。
そのため解体工事は業者に依頼するのが一般的ですが、どこに依頼するのかが重要です。実は解体工事はトラブルも起きやすい工事のため、業者選びは慎重に行わなければいけません。ただ安いだけの業者では、トラブルに巻き込まれて気持ちよく解体工事を終える事はできませんし、場合によっては罪に問われる事例もあります。見積もりは無料という業者も多いので、慎重に選んでみるのがよろしいでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ