解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-長屋構造のお家の解体工事について

長屋構造のお家の解体工事について

一味違う長屋の解体

長屋とは、二戸以上の住宅が連続している建築物のことを指します。古くから長屋は存在していましたが、現代はテラスハウスやタウンハウスという名称で呼ばれることも多いようです。
通常の戸建住宅とは異なる構造のために、その解体工事の方法も異なるようです。その施工には高い技術が必要になりますので、解体工事業者の選び方が重要になります。

必要になる壁の補修

長屋の解体工事において、必要になるのが壁の補修です。複数の住宅が連なっていることから、解体工事を行えば、そこに隣接する壁の補修は必要不可欠なのです。長屋の解体費用が高額になるのは、それが理由になっています。

壁の補修方法としては、トタン補修・モルタル補修・サイディング補修の三つが一般的のようです。言うまでもなく、どの補修方法を選択するのかによって解体費用は異なります。
基本的に、壁の補修の費用は解体工事の依頼主が負担することになります。しかし、不十分な補修方法では隣家とのトラブルになりますので、解体工事の際にはよく相談する必要があります。しかし、素人の方ではそれぞれの補修方法の選び方はわかりづらいと思いますので、解体工事業者の方ともよくご相談ください。

発生しやすいトラブル

長屋の解体工事は、何より隣人の理解が必要です。それを得られないまま施工に踏み切れば、多くのトラブルに見舞われるのです。

▼合意が得られない
長屋を解体する場合、所有者の四分の三以上の合意が必要になります。中にはどうしても承諾してくれない方もいますし、遠方に住んでいることから連絡が取れないというケースもあるようです。

▼折り合いがつかない
何度話し合っても、施工方法について隣人との折り合いがつかないことがあります。場合によっては、弁護士に相談する場合もあります。

▼解体後のクレーム
きちんと合意を得た上で施工を完了しても、後になってクレームが届くことがあります。対策として、施工前に解体工事の内容を詳細に説明しておく必要があります。

▼構造的に解体できない
物理的に解体できないというケースもあります。どれだけ高い技術を持っていても不可能な構造になっている場合、補修を行う業者とも相談が必要になります。

このように、多くのトラブルが考えられますので、解体工事の前に、隣接するお家の方ときちんと話し合いを行なうことをおすすめします。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ