解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-空き家の放置は危険がいっぱい!

空き家の放置は危険がいっぱい!

空き家放置によるリスク

空き家放置によるリスクはさまざまです。主なリスクと言えるのは、「治安悪化」、「近所トラブル」だと言われています。治安悪化は、管理のされていない空き家は犯罪者のターゲットになりやすい傾向にあり、空き巣被害の可能性が高まります。
また生活用品が揃っていると不審者が知らない間に入り込み、自宅同然で生活してしまうと、近隣住民の治安に対する不安が大きくなることもあると言われています。また治安悪化による不安は、近所トラブルの原因の1つです。
近所トラブルの例をいくつか挙げますと、庭に雑草が生い茂り、病原虫発生の原因に繋がる公衆衛生の低下、空き家の老朽化による景観の悪化などが考えられます。トラブルに発展すると、苦情が行政機関に入り、特定空き家に指定されてしまう可能性があります。

特定空き家とは

特定空き家とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なってしまう状態、その他周辺の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空き家のことです。
このなかで最も危険性が高いとされているのは、建物の破損や不朽で保安上危険となるおそれのある状態にある空き家だと言われています。保安上危険となるおそれのある状態は、建造物が倒壊するおそれがあるものや屋根や外壁等の破損による脱落、飛散、ブロック塀の老朽化などがこのような状態にあるとされています。
特定空き家に指定され、行政からの勧告に応じない場合、空き家の所有者の承認を得ずに行政が解体工事を執行する行政代執行が行われる可能性があります。行政代執行による費用は、所有者に請求することが決まりとなっています。

早めの解体工事が大切

空き家は、あらゆる問題を生む可能性があります。特に管理されていない空き家は、現在どのような状態になっているのか分からないと思います。
まずは現状を確認し、今後管理することが難しい場合は建物を解体することも1つの方法です。空き家の放置はリスクを伴います。解体工事でリスクを回避することが大切です。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ