解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-隣と近い家は解体できない?密集地での解体工事について

隣と近い家は解体できない?密集地での解体工事について

よい解体業者の見極め方

解体工事と聞くと、ただ壊すだけとお考えではないでしょうか?
家の立て替えのために家の解体工事をする場合、解体はただ壊すだけではないのです。
日本は、土地も狭く隣に隣接しているおうちに影響がでないか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
良い解体業者を選ぶには3つのポイントがあるのでご紹介します。

1安全面に関して
安全面では、歩行者や近隣住民の方々への安全防止策があり。
ボルト一つでも落としたら危険が伴うため神経を最大限払う必要があります。
例えば、工事日程を周囲に知らせ、道路には規制を敷き誘導員などを必要に応じて設置します。工事箇所には囲いを設置して、その中で作業を行います。夜間作業を行う場合は、照明を設置して行うことが大切である。
2環境面に関して
環境面では、解体時に出る粉じんや騒音対策を行い周囲に出ないようにする必要があります。日中の騒音は避けられないため、周囲への事前の案内や騒音を少しでも小さくする機会や防音ネットなどを使用して理解を得る必要があります。
例えば、低騒音の機械や防音ネットを使用して、騒音の低減に努める。粉じん対策としてシート養生や水を撒いたりして工事によるほこりなどを飛散させないように努める。工事車両の交通誘導やアイドリングストップなどを行うことが大切である。
3作業日程に関して
工事を24時間できるわけもなく、しっかり工事日程、時間帯を決めることが必要です。例えば、日曜日は工事を行わない。朝8時から夜は18時までとするとしっかり決めておくことが大切である。

この3つもポイントをしっかり対策している解体業者であれば、ご近所トラブルになったりすることは少なくなるのでしっかり見極めが必要となるでしょう。

こんなに密集地でも解体できる?

こんなに密集している家の解体工事できるのか?
日本には「うなぎの寝床」と言われて土地があり、間口の大きさで税金が決まっていた時代があったこともあり家が密集して、間口も狭い土地がたくさん残っています。そんな土地での家の立て替えのために解体を行う場合、解体できるか心配ですよね?
実は、間口が2メートルであっても、解体できる場合が高いのです。小型の重機を使用することで、幅2メートル以下の重機であれば通常の重機とかわらない作業効率で工事ができます。また、小型重機も入らない場合でも手作業での解体が可能なようです。

まとめ

密集地においての解体を行う場合、しっかり安全面や環境面、作業日程などを対策している解体業者を選ぶことが大切と言えます。また、解体方法によっては料金も大きく変わるのでいろんな解体業者へ見積りを出してもらうことが良いでしょう。解体する現場を見て、しっかりとした知識ある人に判断してもらう。
そのことが、ご近所トラブルにならず解体工事できる策だと言えるでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ