解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体費用で出る「見積もり除外項目」って何?

解体費用で出る「見積もり除外項目」って何?

金額の記載もない謎の「見積もり除外項目」

解体工事をする際に見積もりを作ってもらうと、その中に「見積もり除外項目」という費用が記載されていることがあります。しかし金額は空欄で不思議に思う方も多いのではないでしょうか。
これは現地調査の段階では見つけられないような別途作業が解体工事中に必要になった場合の項目です。当然、見積もりの段階では除外項目にあたる作業が発生するかもわかりませんので、空欄となっています。
これに該当するような作業が発生する場合には、業者からもきちんと事前に報告と相談があるので安心してください。

具体的にどんな作業が該当するのか

多い内容としては地中に古井戸や、以前あった住宅などの基礎が残っていたなどの地中障害物が見つかるケースです。これらは建物を解体した後に掘ってみないとどうしてもわからないものになるので、見積もり除外項目に該当します。
稀に写真で嘘の地中障害物の写真を確認させて、見積もり除外項目として費用を上乗せして請求してくる悪徳業者の話も耳にします。
追加で作業が発生しそうな場合は、可能な限り現地で直接確認するようにしましょう。

こんな場合も除外項目に該当します

現地調査の際に確認できなかったものの作業以外に、見積りの時点で指示のなかった作業が発生した時も見積もり除外項目となり、別途費用が発生します。
たとえば、隣家との境界にあるブロック塀を当初の予定から変更して壊すことになった場合などです。

目に見えている部分以外にも、対応が必要な作業が発生する可能性のある解体工事。
業者とのコミュニケーションによって不明瞭な費用は極力減らすことができますので、わからないことがあれば面倒でも必ず確認をするようにしましょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ