解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-解体工事前のマナーや正しい挨拶を覚えましょう

解体工事前のマナーや正しい挨拶を覚えましょう

ご挨拶の内容

解体工事では近隣の住民に対してストレスや被害を与えてしまいかねないため、きちんと事前に挨拶をすることが大切です。この挨拶を怠ったために近隣トラブルが発生し、解体工事を中断しなければならなくなるというケースもあります。

ご挨拶の際は口頭での挨拶をして、手土産と挨拶状をお渡ししましょう。手土産では相手の気が引けてしまうような高価なものは選ばず、タオルや洗剤、菓子折りなどを用意しましょう。その際一般的にはご挨拶と書かれたのしを付けます。

挨拶状にはまずご迷惑をかけてしまうことへの謝罪とご協力のお願いを記します。そして工事場所や工事内容、工事をおこなう期間や施工時間、お休みの日などを記しましょう。万が一のために施工業者の連絡先と担当者も記しておくのもよいでしょう。
これらの手土産と挨拶状を持ってご挨拶へ伺いましょう。不在の場合はポストへ投函しておきましょう。

どの範囲までが近隣?

どの範囲が近隣住宅なのかは、お住まいの場所によって異なります。隣といってもずいぶん遠くにお宅があることもあります。一般的には解体する家の両隣、道路を挟んだ向かいの家、裏の家に挨拶します。また立地によってはこれ以外にも騒音などの迷惑がかかるかもしれない家があるかもしれません。その場合は、トラブル発生を防ぐためにご挨拶しておいた方がよいでしょう。

解体工事で近隣に及ぶ被害内容

解体工事では近隣住民へさまざまな被害が及びます。非常に大きなストレスになるのが騒音や振動被害です。解体作業では非常に大きな音が鳴り、地面が振動します。真横の家にはダイレクトにその音や振動が伝わるため大きなストレスとなります。

解体工事によって埃や粉塵飛散が発生します。これらは近隣の家へふりかかり、一定期間窓が開けられない、洗濯物や車が汚れるなどのご迷惑をかけてしまいます。 また解体工事をすることで害虫が発生することがあります。家屋に隠れているゴキブリなどの害虫が飛び出して近隣の家へ向かうということもあります。害虫の被害は精神的なストレスにもなります。

このように解体工事ではさまざまな被害が発生します。無断で解体工事をおこない、近隣へこのような被害が及んでしまえばトラブルに発展するのも仕方ありません。事前にきちんとお詫びとご挨拶をしておくことが解体工事をする際のマナーです。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ