解体工事のあれこれ

  • TOP
  • 解体工事あれこれ-家を解体するときにお祓いは必要?方法とは?

家を解体するときにお祓いは必要?方法とは?

解体工事でのお祓い、やるかやらないかは自分次第

日本では昔からすべてのものには魂が宿るという考えから、建物を取り壊すときにもお祓いをする慣習があり、今では減少しつつあるようですがなおもお祓いの文化は残っています。
お祓いするケースもしないケースもあるなかで、自分もお祓いすべきなのかと考え込んでしまう方もいるのではないでしょうか?

「解体工事中に事故が起こってしまうのではないか」「解体した土地での今後の安全が気になる」という思いがあり、少しでも不安を取り除きたいという方は、お祓いをしてみるとよいでしょう。また、土地や建物に対する感謝の意を込めてお祓いをすることもあります。

しかし、お祓いには費用が発生することに注意が必要です。かかる費用は場合によりますが、神職を招いてお祓いをしてもらうには数万、数十万とかかるのが一般的なようです。また、お祓いするとなるとどうしても手間がかかりますので、解体工事を少しでも手間なく、安く済ませたい方は、無理にお祓いをする必要はないでしょう。

このように、自分の都合や目的に合わせてお祓いをするかしないかは自由に決めることができます。しかし、土地や建物は代々継がれることも多い財産ですので、家族や親族とよく相談することも大切です。昔からの慣習や文化を重視する方もそうでない方も納得できるよう、十分に話し合いましょう。

解体工事でおこなうお祓いの種類と方法

解体工事でのお祓い(地鎮祭)はどのような流れになるのでしょうか?依頼先の神社によって方法は多少異なりますが、ここでは一般的なお祓いの仕方をご紹介します。

まず、参列者がそろったら開式し、神職が土地を祓い清めます。その後、神様をお招きし、食事のお供えやお祈りをします。神職が解体工事の土地を清めた後、設計者や地主など計3人が鋤や鍬を土に入れる「地鎮の儀」をおこなうなどの工程もあります。最後はお供え物を下げ、閉式をして完了です。

お祓いの仕方と併せて気になるのがお祓いの服装ですが、解体工事でのお祓い用の服装にあまり決まりはなく、参列者は私服など自由な服装で参加することができます。

解体工事でお祓いをする場合、同時に魂抜きもすることが少なくありません。魂抜きというのは、神棚や仏壇、井戸といった神聖なものを取り壊す場合におこなうお祓いを指します。建物を取り壊すときは仏壇や神棚も取り壊すことになりますから、一緒におこなうとよいでしょう。

解体工事業者おすすめナビ一押し

おすすめ解体工事110番

解体工事110番

サイト名 解体工事110番
URL http://kaitai-e.jp/
TEL 0120-701-051
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

解体工事のあれこれ

ページの先頭へ